スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

始まり。。。その3。

2006.10.07 *Sat
私は友達にメールを送ると次の日仕事になったから今日はやめとく。と言われて。彼は帰るんですか?帰るなら遊んでください。とメールが来て。少し迷ったけど寂しかった私はOKした。

彼が駐車場まで来て、あてのないドライブへ出かけた。海を見に行った。堤防に座って話をしていた。でも寒くなったから車に戻って。どこに行こうって話になってカラオケとか言われたけど、二人で会うこと自体初めてで、私は一回でも大勢でカラオケに行ってないと二人で行くことはできない人間なので(笑)マンガ喫茶に行くことに。
ソファのとこしかあいてなくてしょうがないから並んで座った。6コも下の子となにか起きるなんてないし、全然私は気にもしてなかったし。そこでDVDを見ることになった。私は眠かったら寝てていいよって言って一人で見る気だった。しばらくして私の肩に頭を置いてきた。寝たかな?と思って見てみると寝てなかった。手を繋いだりしてきた。それでも私はなんとも気にしない感じでテレビを見てた。寂しいんだなって思ったからそのままにしてた。
彼は頭を起こしたり、置いてきたりを繰り返ししていた。何回か繰り返した後、頭置いたまま動かなくなったから、今度は寝ただろうと思ってまた顔を見た。そのときキスされた。まぁチューくらいね。とか思ったら火がついたみたいだった(笑)私も寂しかったし、今日だけだし。と思ってた。そのままホテルに行った。


次の日から彼と一緒に仕事することになっていたのを思い出した。どんな顔しよう?でもアタシは大人だから何もなかったことにしなきゃ。とか思っていつもどおり仕事をしていた。彼にはそれからメールを送らなかった。彼からも来なかった。その日限りってやつだね。と思ったし、最初からそのつもりだった。


2日後、彼はバイト仲間たちにイブ何あげたの?とか聞かれたらしい。「別れた」とみんなに言うと全員驚いていたそうだ。じゃあ何してたの?と聞かれ、友達と遊んでたと言ったらしい。
私はそのときにその場に居なかったのであとからバイトの女の子が「全部聞きましたよ~!」とか言われてかなりあせった。え?何が??とかなりあせっていた。知られたら私はどうすればいいのかと考えるばかりだった。「別れたって!!バカですよね、コイツ」と女の子が言ってきた。私のことじゃなかった。それでも安心できない私は「あ~そうらしいね。聞いてビックリしたよ」とだけ言った。その後の仕事は気が気じゃなくてちゃんとできていたかはわからない。何を言ったかメールして聞きたい気持ちが大きかった。
仕事が終わってすぐ携帯をとった。彼からメールが入ってた。
「言わないほうがよかったですかね?」
「何を!?てかなんて言ったの!?あたしと遊んだとか言った!!??」
「別れたことです。一緒にいたこと言ってもよかったんですか?(笑)」
「ダメ!!言っちゃダメ。でもよかった。これで安心して帰れるわ」
「まだいたんですか?今から行ってもいいですか?」
そのメールが私のとこに届く間に彼はもう来ていた。
また二人で話し始めた。ドキドキしてなかなか帰れなかった。何を言ったのか気が気じゃなかったと私は言った。彼はドキドキしたんですか。って言いながらまたキスをした。ガキだと思ってた男の子はしっかり「男」だった。そこが「始まり」だった。

でも私は絶対彼女はヨリを戻してくるだろうと思っていたし、私自身も親友のことを忘れたわけではなかった。歳だって離れている。
「もしも彼女がヨリを戻したいって言ってきたらあたしのことは切ってくれればいいから」
と言った。彼は怒った顔した。
「オレが僚帆さんがいいって言ってるんです。それはないです!歳のこと気にしてるんですか??」
そりゃ気になるよ・・・6コもちがうじゃん。でも彼が気にしないのならいいかなとか思った。
みんなにはもちろん内緒にしようとなった。歳のことじゃなくて、きっとうるさいから。

そんな感じで私たちは始まった。

まさか半年後、終わりを迎えるとは思わずに。。。。。

まさかこんなに好きになるとは思わずに。。。


スポンサーサイト
COMMENT : 4
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 恋のコト。

COMMENT

なんだかこっちまでドキドキしながら読ませてもらいました(笑)
6歳も年下の人とどんな風に付き合うようになったのか興味があったんですけど、そういうことだったんですね~。
そして社会人の付き合うきっかけもやっぱり学生と同じで飲み会が大きいんですかね?(笑)

しかし、イブが始まりなんてロマンティック♡
2006/10/08(日) 20:24:35 | URL | kieko #- [Edit
社会人になればなるほど出会いがなくなってくるような気がしてマス(笑)やっぱり飲み会しかないのかなぁみたいな。でも飲み会なんて理性が働いてるのかビミョーなとこだから難しいなって思ったり(笑)
興味あったなら聞いてくれればいくらでもしゃべったのに(大爆笑)
やぁでもこうやって一気に全部書いてみると、確実に成り行きだよなってつくづく思います(笑)
2006/10/08(日) 22:29:44 | URL | 僚帆 #- [Edit
もう、ドキドキです!!
これからどうなるの・・・何で悲しい結果になっちゃったのか・・・
すごく気になります。
私は年下とは付き合ったことがないので
年の差とか考えた事は未経験なんですけどね。
2006/10/09(月) 22:22:06 | URL | かなこ #- [Edit
かなこさん>
どきどきですか?このあとはそれなりにシアワセにやってました。
けっこう突然降って湧いたような別れでしたね。私にしてみれば(笑)
また書いていこうと思います☆
歳の差は付き合っていくうちに全然気にならなくなりましたよ。怒られたりしてたし(笑)
2006/10/09(月) 22:52:04 | URL | 僚帆 #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

RYOHO

Author:RYOHO
今までいろんな「恋」をしてきました。

そしていくつも失くしてきました。



それでも人は「恋」をします。



私も失くしてきたものは


たくさんあるけど


悲しくてツラくて


立ち直れない日々もあったけど


それでもいろんな人に出逢います。





「そしてまた恋をする」





もしもお立ち寄りいただいたら一言でもいいのでコメント頂けたら嬉しいです。



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



FC2ブログランキング 

参加してみました。 気に入っていただけたらポチッと お願いします☆

FC2ブログランキング



FC2カウンター



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



Copyright © そしてまた恋をする All Rights Reserved.
Images from ふるるか Designed by サリイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。